今週のブックスベスト10を更新

今週のブックスベスト10を更新しました。
今週のベストテンは下重暁子著「極上の孤独」 という書籍がランクインしています。

現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。

しかし、それは少しおかしくないか。そもそも孤独でいるのは、まわりに自分を合わせるくらいなら一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、成熟した人間だけが到達できる境地でもある。

「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」「孤独を味わえるのは選ばれし人」「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」等々、一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。

 

そんな書籍だそうです。

今週のベスト10はここをクリックしてもご覧になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です