今週のブックスベスト10を更新

今週のブックスベスト10を更新しました。
今週のベストテンは角田徳幸 たたら製鉄の歴史』という書籍がランクインしています。

生産地の移動や技術革新からその発展を探り、「海のたたら、山のたたら」の視点で多様性を解明。産業や暮らしを支えた実像に迫る。

たたらのイメージ―プロローグ/たたら製鉄への道(鉄生産のはじまり/古代の鉄生産/中世の鉄生産/中世鉄生産における中国地方)/たたら製鉄の技術と信仰(たたら製鉄の成立/砂鉄と木炭/製鉄場(山内)の施設と生産内容/金屋子神信仰と金屋子神社)/海のたたら、山のたたら(海のたたら 石見・出雲沿岸部と隠岐/山のたたら 出雲・伯耆山間部/たたら製鉄の多様性)/たたら製鉄と近代(幕末の反射炉鋳砲事業とたたら製鉄/幕末における石見系たたらの伝播/たたら製鉄と海軍需要/角炉の開発と技術改良/第二次世界大戦とたたら製鉄)/ 東アジアの中のたたら製鉄―エピローグ

日本列島で培われ近代にいたるまで連綿と営まれてきた古来の製鉄法、たたら。日本独自のその技術を、生産地の移り変わりや製鉄技術の革新などから探る。また、「海のたたら、山のたたら」という視点から多様性を明らかにするとともに、近代化のなかで果たした役割を考える。日本の産業や暮らしを支えてきた、たたら製鉄の実像に鋭く迫る注目の一冊。

そんな書籍です。

今週のベスト10はここをクリックしてもご覧になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です