今週のブックスベスト10を更新

今週のブックスベスト10を更新しました。
今週のベストテンは東野圭吾著 希望の糸』という書籍がランクインしています。

東野圭吾の最新長編書き下ろしは、「家族」の物語。

「死んだ人のことなんか知らない。
あたしは、誰かの代わりに生まれてきたんじゃない」
ある殺人事件で絡み合う、容疑者そして若き刑事の苦悩。
どうしたら、本当の家族になれるのだろうか。

閑静な住宅街で小さな喫茶店を営む女性が殺された。
捜査線上に浮上した常連客だったひとりの男性。
災害で二人の子供を失った彼は、深い悩みを抱えていた。
容疑者たちの複雑な運命に、若き刑事が挑む。

 

そんな書籍です。

今週のベスト10はここをクリックしてもご覧になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です