はるちゃんの介護日記

08.最近思う事

  ところで、最近友人に会うと「介護日記を書いているから見てね」と言っています。この話をすると、友人をはじめ介護の必要な老人をかかえている人が、とても多いことに驚かされます。少しボケてきたとか、寝たきりで施設に入所しているとか、我が家と同様に、説得しても説明しても、自分は昔と同じ、介護のことなんて何の話をしているのかと、全く理解してくれない、そんな話を耳にします。
 我々の年齢がそうゆう世代になってきているということでしょう。舅、姑、自分の両親、相手はそれぞれ違いますが、みな手強い相手です。私は自分に自信がなくなると、時々テレビのCMを思い出します。
“子供しかるな、来た道だ。老人笑うな、行く道だ。”
本当にその通りだと実感し、少しだけ落ち着きます。
 そして、自分に言い聞かせます。もうすぐだから、いい老人になろうと……。(はるちゃん)


 おいらくネットホームへ戻る 

介護日記インデックス