はるちゃんの介護日記

16.2度目の骨折

 秋の日の早朝、新聞を取りに行った義母がまた転んでしまいました。私が起きた時にはすでに、玄関に座り込んでいました。とても痛がっていましたので、主人に総合病院へ連れて行ってもらいました。結果はまたも骨折でした。また入院かと思っていると「今回は手術が有りません。当病院では手術のない患者さんは入院することが出来ないので、自宅療養して下さい。」義母は動けないのに、仕方なく帰宅することになりました。自宅ではリハビリも出来ないし、また寝たきりになったりボケの心配もあるのに! !オロオロするばかりです。3日程自宅に居ましたが、とても痛そうで、私たちが辛くなるばかりです。友人に紹介してもらい遠方の総合病院へ行きました。診察していただいて、先生から「ベットが開いていれば入院してもらうけど、今満床なので、僕が責任をもって入院できる病院を探そうと思いますが、いかがでしょうか。」と聞かれたので「はい、痛がっている義母を見ているのは辛いので、是非よろしくお願いします。」とお願いしました。30分ぐらい待っていると、先生から「見つかりました」と報告があり、とても嬉しかったです。私たちが仕事で出かけている間、義母はトイレに行くためにズルズルとはいずっていたので、ヒザが真っ赤になってとても痛々しい姿になっていました。車椅子を使えるような広い家でもありませんし、まさか又、こんな事があるとは夢にも思っていませんでしたので、ポータブルトイレも前回断ってしまっていました。家からは遠い病院ですが、紹介していただいた整形病院に入院しました。(はるちゃん)


 おいらくネットホームへ戻る 

介護日記インデックス