ドクターXの独り言

防ぎたい子供の喫煙

 前回のタバコの話が受けたようなのでもう少し話を進めてみましょう。
  皆さんお孫さんの前でタバコをすったりしていませんか?それがどんなに怖いことか話してみましょう。
 タバコは吸い始めた年齢が若いほど発癌のリスクが増えることは、研究の結果明らかとなっています。非喫煙者が60歳で肺がんで死亡する確率を1とした場合、15歳までに喫煙を開始した場合には30倍、25歳まででは15倍にその危険性は増加します。これはタバコを吸っている年月が長いほど累積するタバコの本数が増えるため、発がん物質に長期にわたって暴露されるためです。また、若い人の細胞は発がん物質によるダメージを受けやすいためともいわれています。
 未成年の喫煙は中学生から高校生にかけて増加しますが、小学生で喫煙が習慣になってる子供がいます。身近の親や、おじいちゃんがタバコを吸っていれば子供はそれを悪いもの、悪い習慣とは思いません。子供の目の前でタバコを吸うということは、直接のタバコの煙の中の発がん物質を吸わせているだけでなく、喫煙の習慣を教え、ひいては子供さん、お孫さんの命を縮めているということを自覚してください。


 おいらくネットホームへ戻る  

ドクターXインデックス