ドクターXの独り言

インフルエンザの治療は初期治療が大切です。

 暖かだった今年も12月に入り木枯らしが吹き始め、西高東低の冬型の気圧配置になれば、そろそろどこからかインフルエンザウィルスがやってきます。よく、今年の風邪はどんな風邪ですかとか?風邪の予防にはなにがいいですか?と聞かれます。このコラムでも以前述べましたが、風邪とインフルエンザは全く違います。インフルエンザは予防できる感染症ですし、早期に有効な薬を用いれば重症化することなく完治する病気です。昔から風邪の予防に卵酒とか、にんにくとかさまざまな民間療法がありますが、いずれもある程度インフルエンザの症状を緩和してくれることがあるかもしれませんが根本的な治療法では、ありません。ひどい場合には症状の悪化も起こります。現在インフルエンザウィルスを完全にその増殖を抑える薬も登場し、早期に(症状発言後24時間以内、遅くとも48時間)投与すれば、瞬く間に効果が発現します。
 では、インフルエンザにかかった時にはどのような症状が出るのでしょう。まず、周囲でインフルエンザの流行が確認されている、悪寒がする、関節の痛み、筋肉の痛みがある、のどがものすごく痛い、頭痛、体のだるさ疲労感がある、食欲がないこのような症状、項目があれば直ちに医療機関に受診してください。現在は咽頭のぬぐい液、鼻汁などから効率にインフルエンザウィルスの検出も可能となり、簡単にインフルエンザと診断されるようになりました。また、自己判断で以前処方してもらった抗生剤、鎮痛剤などを服用することはやめてください。インフルエンザには効果もありませんし、場合にはよっては悪化することもあります。


 おいらくネットホームへ戻る  

ドクターXインデックス