ドクターXの独り言

ペット(PET)って知ってますか?

 皆さんがおうちで飼っている猫や犬のことでは残念ながらありません。英語ではPET 、日本語では陽電子放射断層撮影装置といい、今まであったCTやMRIなどと同じく人体の断層像が見られる検査のひとつです。ただPETは体内の代謝活動を、放射性物質を用いて映し出すという点が異なります。つまり特殊な放射線(陽電子)を放出する元素をふくむ物質を用いて、体の中の臓器の変化を観察する検査です。特に最近注目されているのが、陽電子を放出するフッ素を含むブドウ糖(FDG)を用いる検査です。がん細胞は正常細胞に比べて3〜8倍の速度でブドウ糖を消費するので、がん細胞に取り込まれるFDG を目印にして5mm以上の大きさの癌を見つけることが出来ます。また、この検査ではいままでのCT,MRI と異なり小さな癌の発見や悪性の診断、転移の診断も簡単にできるようになりました。さらに、最近では部位診断に優れたCT検査と組み合わせることによって、どこに癌ができたのかもわかるようになりました。(PETCT検査)
 また正常組織である脳、心臓にはもともとブドウ糖が集まりやすいため血流の変化などもわかり、心筋梗塞、脳梗塞の診断などにも有効とされています。このように優れた検査ではありますがブドウ糖をあまり取り込まない癌や5mm以下の癌は見つけられませんし、全国でもまだ数が少なく、保険適用となる病気も限られていて身近な検査というわけにもなってはいません。ただ、将来はがん検診にとってかわる検査となるかもしれません。


 おいらくネットホームへ戻る  

ドクターXインデックス