ドクターXの独り言

最近の内視鏡検査は鼻から挿入します。

 皆さん方の中には内視鏡検査というと「あれはいやだ、」とか「二度としたくない」といわれる方が多くいらっしゃると思います。中には何回も検査を受けられなんともないという方もまれにおられますが、内視鏡がのどを通るときの吐き気は耐え難いものがあるようです。ただ、そんな方に朗報です。現在の上部内視鏡検査では、経鼻内視鏡検査が行われるようになり吐き気を起こす咽頭反射はほとんどなくなり、ずいぶんと患者様にとっては楽な検査になってきました。
 また、使われる内視鏡の太さも5.9mmとかなり細く、なおかつ軟らかくなり、ほとんど先端があたる痛みはありません。また、以前の口から飲んでいただくやり方ではどうしても咽頭反射があるために、鎮静剤や、胃の動きをとめる注射を検査の前にするので、緑内障、前立腺肥大のある老人の方の検査に際しては十分な注意が必要でした。この経鼻内視鏡検査では、咽頭反射がほとんどないため、これら前投薬の必要がありません。そのため非常に安全に検査が行えます。
 また、検査が終わった後ものどの痺れはほとんどないので、経口検査より早く食事を摂ることができます。検査の後のふらつきもなく車の運転も十分可能です。このようにいいことばかりようですが、ごくまれに鼻から挿入できない方もおられますので、鼻からだめの場合には直ちに経口内視鏡検査への移行もありえます。まだ、胃の検査受けられてない方は一度経験されませんか?


 おいらくネットホームへ戻る  

ドクターXインデックス