ドクターXの独り言

メタボリックシンドロームについて

 最近テレビや新聞でよくメタボリックシンドロームという言葉を見かけませんか?これは直訳すれば代謝症候群ということですが、これではよくわかりません。以前は内臓脂肪型肥満といわれていた病態で、現在ではその状態を放置していると高率に脳梗塞、心筋梗塞を誘発してしまう病態像と認識されています。
 わかりやすく言えば男性で腹囲85cm以上女性で90cm以上の方がそれにあたります。厳密に言えばそれに加えて高脂血症。高血圧、高血糖を有する人を指しますが、最も重要な診断基準は腹囲です。内蔵に脂肪が蓄積しているとその蓄積した脂肪細胞から有害な細胞障害性物質(TNF,など)が産生され糖尿病、動脈硬化などを進展させることがわかってきました。したがってすでに糖尿病、高血圧などを有する人が肥満というリスクファクターを背負うとさらに脳梗塞、心筋梗塞などを起こしやすいことは以前より広く知られており以前はマルチプルリスクファクター症候群、死の四重奏とも言われていました。厚生労働省の平成16年国民健康栄養調査によると40〜74歳の男性の2人に1人、女性は5人に1人がメタボリックシンドロームと考えられており、その数は1900万人と推定されます。動脈硬化の進展から、虚血性心疾患、脳血管障害が起こることは皆さんもよく知っておられると思います。
 そうならないためにも食生活の改善、カロリーを減らす、運動をするなど心がけてはどうでしょうか?


 おいらくネットホームへ戻る  

ドクターXインデックス