ドクターXの独り言

暑さ対策

 今年は冷夏かと思っていましたが、7月末に入り真夏日が続いています。毎年のことなのですが、屋外屋内を問わず、熱中症で倒れる方がおられます。熱中症の症状は気分不良、著しい発汗、血圧低下、脱水症状、体温上昇からひどい場合には死に至る、恐ろしい病気です。子供さんは、体表面積に比べて水分貯蔵量が少ないために、軽度の水分の喪失から熱中症をきたしやすいといわれています。
 また老人はもともとからだの中の水分量が少ないため、(しわが多いのもそのせいですが)同様に軽度の水分の喪失が脱水症状をきたしやすいのです。また、老人では通常においても水分の摂取が少ない傾向があり、また暑さを自覚することもすくないため、飲水量が少ないようです。早朝、夜間の涼しいときにウォーキングやジョギングをされる方がおられます。一見健康的に見えるかもしれませんが、涼しいように見えても、運動による発汗から一つ間違うと熱中症をきたします。必ず大き目の水筒かペットボトルを持ち歩くようにしてください。
 また、水分補給についてもどうしても年配の方は、番茶、煎茶をとられるかたが多いようです。夏ともなれば炎天下にでずとも、一日1500cc程度の水分補給が必要となってきます。番茶、煎茶でこれだけの量をとるということはかなできそうにありません。最近はお茶の入ったペットボトルという手もあります。本当はミネラル分を含んだスポーツドリンクを勧めたいのですが、お年寄りの方の口には会わない場合もあるようです。のどが渇いたと思った直ちに水分補給をこまめにして暑い夏を乗り越えてください。


 おいらくネットホームへ戻る  

ドクターXインデックス