ドクターXの独り言

生活習慣病は予防のできる病気です。

 このコラムでも何回か書きましたが、最近新聞、テレビで生活習慣病、メタボリック症候群という言葉を聴かない日はありません。生活習慣病は平成8年からそれまで成人病として広く知られていた病態を、なぜか当時の厚生省がそういう呼び方に変えてしまったものです。最近はほとんど同じ意味なのですがメタボリック症候群という名前がしれわたるようになってきました。
 わかりやすくいえば脳梗塞、心筋梗塞は血管が加齢とともに細くなり詰まってしまった状態を指します。その細くなってつまりやすくなるのは単に年齢だけでなく、最も大きな原因動脈硬化の元凶は、糖尿病、肥満、高脂血症、高血圧であり、これらの予防が大事といっているわけです。つまり、体重を下げ、適度な運動を行い、血管の老化を防止するのが目的です。病気になる原因には、遺伝的なもの、病原体のような外部素因による肺炎、事故など自分では防止することのできない病気が多々あります。
 癌も喫煙習慣の改善など生活習慣の改善で避けえるものもありますが、多くが癌遺伝子の突然変異が原因ですので、完全に予防することはできません。これに対し、さまざまな住民検診を基にした研究から、高血圧、高脂血症、糖尿病のある方はそうでない方に比べ明らかに、脳梗塞、心筋梗塞に離間する危険率が高いことが知られてきました。最近になり、介護予防の面から、介護認定もかなり厳しくなり、寝たきりにならないための予防についての比重がかなり重くなってきています。
 今までは、片麻痺、寝たきり老人についての介護が介護保険の主たる目的であったようですが、明らかにここ1年で、行政の対応も変わってきているようです。介護予防という名目で、寝たきり予防について指導が強化されています。まず、そうならないためにも生活習慣の改善を心がけましょう。


 おいらくネットホームへ戻る  

ドクターXインデックス