ドクターXの独り言

日焼けに注意。

 今日も暑い日が続いています。テレビや新聞では熱中症のことを取り上げない日はないほどです。数日前の新聞では、お年寄りだけでなく、バスケットの練習をしていた中学生が意識不明の重体となり、翌日なくなった記事がでていました。暑いから水分を取りなさいとテレビ、新聞などでも積極的に取り上げてくれているおかげで、以前のように、「汗が出るから水分はとらん」とかいうお年よりはずいぶんと減ってきました。確かに熱中症も怖いのですが、最近問題視されるようになったものに日光に含まれる紫外線が知られるようになってきました。
 以前は日光浴とか、日に当たることで活性型ビタミンDができて骨の発育にいいようなことばかりいわれていて、困るのは日焼けによるしみでしたが今は、皮膚がんの発生に深く関与していることが知られてきました。紫外線が細胞のDNAを傷つけ発ガンに関係することが最近かなりわかってきました。この点については白人においては皮膚がんがおおく、日本人をはじめとする黄色人種には以前から皮膚がんが少なかったということもあってあまり問題にされませんでしたが、疫学的な研究から、過度の紫外線は害になるといわれ始めています
 また、老人性白内障の原因の中には紫外線が多く関係していることもわかってきました。たまの外出のときに、日傘をしたりするのもいいですが、今は100%紫外線をカットとする日焼け止めもあります。また、あまりなじみもないと思いますが、サングラスの使用も考えてみてください


 おいらくネットホームへ戻る  

ドクターXインデックス