(6)「松江堀川めぐり」

中国新聞松江総局編
松江今井書店発行
定価1,470円(本体1,400円+税)


 水の都松江の観光名所として、すっかり定着した「堀川遊覧船」。その見所を余すところなく紹介したのが本書である。中国新聞連載時には、松江と堀川の歴史・くらし・文学・橋などの項目が立てられていたが、本にまとめる際に、松江と堀川の歴史・堀川遊覧船の構想から就航までを記した後は、遊覧船のコースに沿って見所を紹介しており、新たに船頭さんへの取材も行い、昔の松江の思い出や遊覧船でのエピソードなどもまじえ、居ながらにして堀川遊覧の気分を味わうことができるように再構成されている。
 また、随所に堀川と共に生活してきた人たちの姿を紹介し、松江の町と堀川が昔から深く関わってきたことを浮き彫りにしており、本書を単なる観光名所のガイドとは一線を画したものとしている。

松江堀川めぐり