(8)「大山の住人たち」

森本満喜夫著
今井出版発行
定価2,100円(本体2,000円+税)


 いわずと知れた植物の宝庫大山。気候や地形の影響によりダイセンキャラボクなど大山特有の植物や高山系、亜高山系の植物等が数多く生い茂っている。それらのうち約250種を谷・沢から尾根までの6つの生息地域別に区分し、さらにそれぞれ樹木と草本にまとめて、美しい写真と簡潔で丁寧な説明文で紹介している。その文章からは丹念にそして誠実に大山の様々な場所に足を運び調査したことがうかがえる。植物たちを古くからそこに生き続けている「住人」としてとらえ、近くにそびえ立つ大山の豊かな自然のことをしばしば忘れがちになり、消費生活の名のもとに、知らず知らずのうちに破壊してしまっている現在の住人(つまりわたしたち)に対して決して声を荒げて怒るのではなく、優しく警鐘を鳴らしている。