ちょっと気になる健康食材

〜焼き鯖寿司〜

 秋の鯖は「秋さば」とも呼ばれるように、5・6月に産卵して消耗した体力を取り戻す為、エサをよく食べているので脂がのっていて一段と旨みを増しています。鯖の脂は、不飽和脂肪酸で血液をサラサラにし動脈硬化や心筋梗塞を防ぐEPAを含み、コレステロールや中性脂肪を減らし、脳細胞に有効に働くDHAも含んでいます。今日の献立「焼き鯖寿司」とは島根県雲南地区の祭り寿司で、普通の鯖寿司とは違い、日本海から水揚げして雲南地区に運んでくるまでに、魚が傷むので、焼いて日持ちするように料理した焼き鯖で作るお寿司です。鯖は鮮度の落ちやすい食材。海のない雲南地区の知恵の料理ですね。
(伸興サンライズ)


 おいらくネットホームへ戻る 

ちょっと気になる健康食材
トップへ