ちょっと気になる健康食材

ごぞんじですか? ひっつみ

本日の献立:ひっつみ汁

 「ひっつみ汁」は東北の南部地方、とりわけ米の育ちにくい山間部で食べられてきた郷土料理です。よくこねた小麦粉の生地を『引っ張って摘む』作業を繰り返し、鍋の中へ入れていく事から「ひっつみ汁」と言われ、丸いだんご状では無い為、のどにひっかかりにくく、食べ易い形になっています。 昔はご飯の代わりに食べられ、野菜もたっぷり入った「ひっつみ汁」は一椀で充分栄養のとれる子供達の大好きな一品でした。
 郷土料理は、味、いわれ、由来などそれぞれに奥深いものです。時代が変わっても継承していきたい日本の味ですね。
(伸興サンライズ)


 おいらくネットホームへ戻る 

ちょっと気になる健康食材
トップへ