ちょっと気になる健康食材

鬼払い 節分

節分について

 2月3日今日は節分です。『節分』とは季節の分かれ目、冬から春に変わる立春の前日を「節分」と呼び、鬼払いをする習慣があります。
いわしの頭の異臭が鬼を近づけないといわれ、とげのある柊の葉にいわしの頭を焼いて戸口に刺し、豆まきで追い討ちをかけ鬼払いをしたようです。
鬼とは角の生えた顔を思いますが、そもそも鬼という日本語は「おん」つまり「陰」のことで、目に見えない気、主として邪気のことを鬼といったようです。鬼を払うという事は非現実的のように思えますが、邪気を払って、福を呼び込むという昔からの家内安全の願いが込められています。
そばを食べるのは、江戸時代の金細工職人がそばがき(団子)を散らばった金銀を集めるのに使った為、お金が集まるといわれています。
(伸興サンライズ)


 おいらくネットホームへ戻る 

ちょっと気になる健康食材
トップへ