お茶と健康

八十八夜新茶

このたび縁会って、原稿を書かせていただく事になりました(有)中村茶舗の中村寿男(なかむら・ひさお)です。テーマは「お茶と健康」だそうです。これからお茶にまつわるいろいろな健康の豆知識を、私の勉強できる範囲でいろいろと書いて行こうと思っております。よろしくお願いいたします。
さて、5月になるとやはり「お茶」といえば「新茶」です。そこで初めての原稿は「八十八夜新茶」について書いてみました。
「夏も近づく八十八夜・・・」のわらべ歌が各所で聞こえる季節となりました。
八十八夜というのは立春から数えて八十八日目を言います。今年は「うるう年」ですので、5月1日が八十八夜です。
「八十八夜」といえば、「新茶」を思いだされる人も多いと思います。実際、切っても切れない関係にあります。この「八十八夜新茶」が有名になったのは、今でこそ各医学界の学者がお茶の薬効成分をどんどん分析・実証・発表していますが、そのような情報のない時代、私たちのご先祖さまは体験的にお茶の薬効成分に注目し、しかも八十八夜頃にとれた新茶が特に新茶の中でも品質が良く美味しく、加えてごろあわせの「八十八」の末広がりの縁起までもかついで、「八十八夜新茶」を語り継いできたようです。
宮中や将軍家では「不老長寿の薬」として珍重され、明治になるまで一般の人はとても口に出来るものではなかったようです。
 ただ結論から言いますと、そんなに薬効成分が他の新茶と差があるわけではありませんが、やはり飲めば美味しく、縁起のかつげる唯一一年で一度の貴重な風味なので、重宝したのでしょう。
新茶が美味しいのはお茶の木が9月頃からしっかりと養分を蓄え、明くる年の4月末から5月にかけてその十分に養分を蓄えた新芽を吹きだし、これを人間が摘み取ってお茶に加工します。栄養のバランスが良く、美味しいわけです。この後採る2番茶(6月から7月初め頃)はしっかりと養分を蓄える期間もなく出てくる芽で、しかも人間に最初の養分しっかりの新芽を摘まれて、しかたなくお茶の木が生存維持のために出す芽です。成分的には、うまみの成分であるアミノ酸が少なく光合成で出来る「タンニン」だけが目立つので、苦く渋いお茶になります。(でも、タンニンはとても体に良いのです。)それにしても人間はそれまでも採ってしまいます。お茶の木にとっては人間がいちばん害敵です。
何かちょっと話がとりとめなくなってしまいました。紙面もに限りがありますので、この辺で初回の筆を置きます。

(有)中村茶舗 中村寿男


 おいらくネットホームへ戻る 
お茶と健康インデックスへ